2021.07.26 モッコウジム

【モッコウジム】DIY素人がシューズラック作ってみた#6

WOODWORK CENTER主催の株式会社drawersの新入社員
webマーケティング課のサカモリくんが、社長直々の指導により、
徐々に木工DIYをできるようになっていく様を追いかけるといった企画の続編#6です。

前回の記事はこちら

前回はゼットソーのノコギリを使って木材をカットしましたね。

今回は電動ドライバーを使います!

と、その前に使うものが・・・

クランプ

クランプという万力のような道具で、その中でもFクランプという種類の道具です。
ホームセンターで入手可能。
値段はピンキリですが、そんなに高価なものじゃなくても良いので、これからDIYを始める方はぜひ買ってほしいです。

で、買うのであれば、最低2個以上の偶数個揃えておくと便利です。

▼クランプに関する詳しい情報はこちらをご覧ください
「プロが教えるクランプの重要性!!」 – YOUTUBE
「プロが教えるクランプの使い方!!」 – YOUTUBE

木工DIYをやるには必須のアイテムです。

業界では
「職人の技量ってのはクランプの数で決まる」
という言い伝えがあるくらい重要な道具です。

前回は手だけで押さえつけてカットしましたが、今回はこのFクランプで確実に抑えながらカットして見たいと思います。
一体どれだけやりやすくなるのか。

3本の木材をまとめて切ってみたいと思います。
このやり方が、そもそも素手では無理ですもんね。時短術。

①木材3本を束ねるように押さえるのと、
②束ねた木材と作業台を押さえるの
に2つ使用します。

ギコギコ・・・(サカモリ「やりやすい・・・」)

前回教わったことも忘れないで

社長の厳しい目が光ります。

スコン(安定して切り落とせました)


全ての材料のカットが終わりました。

今回手作業でノコギリでカットするのが難しい部材もあったので、そういうのは工場の機械で処理しました。

一般の方でそういう時は、ホームセンターでカットを依頼するのをお勧めいたします。おそらくミリ単位でカットしてくれるでしょう。
(おそらく1カット50〜100円くらいじゃないでしょうか)


棚板

今回一番複雑な部材になるのはこの棚板。

1枚作るのに6個のパーツで構成されています。

細長い1×6材を2枚くっつける。それらを繋げるために細い木材を3つ。

最後に長い木材を滑り止め(靴が落ちないように)として1本。計6パーツです。


これらを接合するのはネジ。使用する道具は・・・

インパクトドライバー

インパクトドライバーと呼ばれるシロモノを使います。
こちらは18ボルトのプロ仕様。弊社の工場から借りて来ました。プロの職人さんたちが使っているガチのものです。

ブランドは世界のmakita
プロ用の電動工具では随一の性能の良さを誇っています。エビデンスはないですけど体感的にシェアナンバーワンな気がします。

新入社員のサカモリくん、実際に使ってみました。

使う前に社長の入念な指導が入ります。

指の強弱で調節して、

ネジ面に対して垂直に、

力を入れなくても押されていくので大丈夫

この辺りが基本的なところですね。
以前ドライバーについて詳しく書いたのでこちらも参考にしてみてください。
https://soudankaguya.com/wwc/blog/5228/

さあ実践!

ドリル部分が磁石になっているため、ネジがくっついて来ちゃうみたいです。

この時のコツは、手でネジを抑えながらドリルしていくこと。
ちょっと怖いですよね。あんまり強く握るとネジの回転で手が削れちゃいます。。。ので軽〜く。。。

社長が煽って来ます。
恐怖でろれつの回らないサカモリ。

インパクトドライバーを扱うには、ある程度慣れが必要です。

時間の関係で社長が全部やりました。

なぜか終始偉そうな態度で見守るサカモリ。


次回、感動の終演(フィナーレ)・・・

お待たせいたしました、次回ついに完成まで見届けてください。

▼動画本編はこちら

この投稿をシェアする

オンラインストア