ブログ | 2015年02月17日(火)

テレビボード天板製作

CATEGORY: 木工DIY

本日の木工DIY!
テレビボードの天板の「千切り(ちぎり)」加工です。千切りとは板同士をつなぎとめ補強する継ぎ手の一種で板の「割れ止め」などの役割だけでなく、デザインのアクセントにもなります。

まずは、千切りを入れる場所に印をつけます。

補強の効果がより高くなるように、割れ目の状態をみて位置を決めます。
表側に3つ、裏側にも1つ入れることになりました。

千切りにも印。

千切りを入れる場所を彫っていきます。ドリルである程度穴を空け、トリマーという機械で形に添って彫っていきます。

だいぶかたちが出来てきました。

仕上げはノミを使います。

緻密な作業が続きます。

ノリを入れて千切りを埋めます。

千切りがきれいに入りました!

本日の作業はここまで!
次回の仕上げが楽しみです。

最新ブログ記事