ブログ | 2015年06月09日(火)

エイジング塗装のフォトフレームWS レポート

CATEGORY: ワークショップ

アンティークのような風合いをペイントで表現する「エイジング塗装」。
塗り方を覚えれば、箱やフレームなどの小さなものから家具やドアなどの建具・壁まで、あらゆるものの塗装に応用できます。

塗装職人の講師からエイジング塗装の技法を学びながら、全く違う2種類のフォトフレームが作れる欲張りなワークショップ!本物らしく仕上がるコツや、外せないポイントなどを押さえつつ2種類の技法を体験していただきました。

いよいよスタート。

これがどんな風に変化していくのでしょうか?

「割れ」をつくるクラック塗料は、塗り方にポイントがあります。

クラック塗料を塗ったところにペンキを重ねると・・・

塗った瞬間から割れてくる!

目に見えて変化し一気にアンティーク感が出る楽しい瞬間です。

一方、もう一種類も同時進行しています。

ペンキを混ぜて自分の好きな色をつくり塗っていきます。

色の混ぜ方や塗り方で、どんどん個性が出てきます。

この日はお天気にも恵まれ、塗装の肝である「乾燥」もスムーズでした。

風合いが増していく仕上げの作業は、やっぱり特に楽しい!

朝からの作業にも関わらず、みなさん集中して仕上げていました。

そして完成!!

木目やクラック、色、混ぜ方、塗り方、削り方などで、それぞれこんなに表情が違うフレームになりました!

ご自分でつくったフォトフレームの出来栄えに、最後はみなさん思わず笑顔!
朝から夕方まで1日がかりのワークショップでしたが「あっという間だった!」という嬉しいお言葉もいただきました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

最新ブログ記事