ワークショップ

【満席】竹と漆の茶わんづくり

【満席】竹と漆の茶わんづくり

運慶から受け継ぐ、鎌倉彫から生まれた竹の漆器

ときは12世紀、中世鎌倉。ウッドワークセンターがある逗子のおとなり
【鎌倉】に幕府がおかれ、日本政治の中心であったころ。

鎌倉仏師たちが中国大陸より移入された唐物の彫漆に影響を受け、仏像・仏具の制作で
培われた技術を活かし、発展させたものが伝統工芸【鎌倉彫】である。

講師には、運慶を始祖とする後藤家の二十九世孫【三代 後藤久慶】さんを招き、
竹と漆の茶わんつくりを体験いただきます。

素材は【円覚寺塔頭 龍隠庵】ご住職さまのご厚意で、円覚寺の山より
伐り出した竹をご用意しました。
塗り工程では、仏像や漆器の制作・修復時に用いられる【木屎漆】を使い、
まるで陶器のような質感に仕上げます。

今回のワークショップは、
竹の茶わん制作と漆塗りを体験していただくため、2日間の開催となります。
1日目はナタや小刀で竹を削り、みなさんの掌に合う形に作り、下地の漆塗りまで行います。
2日目は木屎漆をつくり、竹の茶わんに焼き物を思わせる表情をつけます。
その後の工程は漆を何度も塗り重ねるため、完成までこちらでお預かりします。
お渡しは4月下旬の予定です。お楽しみにお待ちください。

プロフィール

〈起源・沿革〉

【後藤久慶】は、運慶を始祖とする鎌倉仏師の流れを汲み、二十六代後藤斎宮慶廣の三男である初代久慶(二十七世孫)が独立いたしました。
現在は三代目久慶(二十九世孫)が継いでおります。
代々【後藤久慶】は、時代に呼応しつつも伝統に根ざし、より芸術性を高めた作品を追求し続けております。

 初代 後藤久慶(平四郎) 明治八年~大正一四年
 二代 後藤久慶(慶一)  大正十年~平成五年
 三代 後藤久慶(慶大)  昭和四十七年~現在に至る

〈慶大〉

この作品は久慶の鎌倉彫とは別に2002年より主に竹と漆を素材として制作を始め、2004年5月に初めて本名の【慶大】として発表いたしました。
代々【後藤 久慶】に伝わる鎌倉彫と共に、現代の暮らしの中にも活きるものであると自負しております。

    


ワークショップ概要

※ご好評につき満席となりました。キャンセル待ちのご案内となります。

  • 参加費:¥25,000 税込み(2日分)
  • 定員:8名
  • 1日目(竹の茶わん制作・下塗り)

  • 日時:2018年2月11日(日)9:30~16:30(12:30〜13:30 休憩)
  • 時間:約6時間
  • 2日目(漆塗り)

  • 日時:2018年3月4日(日)14:00~17:00
  • 時間:約3時間
  • 注意事項
    ◇漆を扱うため、お子様や肌の弱い方、体調不調の方は直接触れなくてもかぶれることがあります。
     万が一かぶれた場合の責任はおいかねますので、十分ご注意の上、必ずご自身でご判断下さい。
    ◇漆が完全に乾くまでに時間がかかるので、出来上がり次第のお渡しとなります。
     配送を希望される場合、別途500円(税別)にて対応致します。
    ◇作業に適した動きやすく汚れても良い服装でお越しいただくか、着替えやエプロンをお持ちください。
    ◇安全のため半ズボン・サンダル等での作業はできません。
    ◇1日目はお弁当をご持参ください。
    ◇中学生以下の参加ご希望の方は、必ず保護者の方同席でご参加ください。

    お申し込み


    お電話でのお問い合わせも受け付けております。
    受付時間 9:00~17:00/月、火曜定休

    募集中のワークショップ