WORKS

時代はモノから、コトヘと移リ変わリました、
では「モノづくリ」に出来ることはもう無いのか?
私はそうは思いません。

そもそもモノをつくるためには、
その先にどんなコトを生み出したいのか、
ここをしっかリと見据えておく必要が
あると思います。
つまリ、モノは手段であリ、
目的はコトなのです。
クライアントの目的をしっかリと
共有し、見据える。
そのために耳を傾け相談し合う。
ここが相談家具屋の原点です。

よリ良いコトを生み出すためのモノづくリ。
常に目的意識を持ちながら
社業に励んで参リます。

株式会社 drawers 代表取締役
鈴木 大輔
鈴木 大輔

製造チーム

お客様の願い・夢・デザインを実現するため、
日々、新しいことにチャレンジしてまいります。

製造チーム

管理チーム

管理チーム

新しく、斬新なデザインにも
具現化できる工法とコストをご提案いたします。

管理チーム

営業・マーケティング

相談家具屋の名の通り、常にお客様目線での
提案とサポートを心がけております。
Indoor、Outdoorにとらわれない
生活者目線の商品開発を展開いたします。

営業・マーケティング